【不動産投資と見直し】不動産投資の5つのメリット

みなさん今の時代、将来は大変不安かと思います。

将来設計を見直しする一つの案として、今回は不動産投資について語っていきたいと思います。

1. 不動産投資の5つのメリット

 1 老後の生活の保証になる

不動産投資で得られる賃料収入は老後の個人年金代わりになります。毎月、賃料収入が入ってくるので、預金を取り崩すのと違って精神的な安心感もだいぶ違います。老後を見直しするという事であれば、重要なようさでしょう。

 2 高い利回り

銀行に預金しても1%すらも金利がつきませんが、不動産投資をすると新築ワンルームマンションで2~3%、中古ワンルームマンションで4~6%程度です。預け先を見直しするのではうってつけだと思います。

 3 万が一の事があった時の為に生命保険の代わりとして

投資用マンションを金融機関のローンで購入した場合、自宅の住宅ローンと同じように団体信用生命保険が付与されます。ローンを組まれた方に万が一の事が起きてしまった場合、残債が完済される仕組みです。
賃料収入を得ながら、万が一の保障にもなるのです。生命保険の見直しをお考えであればうってつけではないでしょうか。

 4 インフレ対策

不動産とその家賃は物価の上昇と連動するので、絶好のインフレ対策になります。デフレ時には物価下がり、相対的にお金の価値が上がりますので、預金でも全く問題はありませんでした。しかし、物価が一たび上がり始めてしまうと、銀行に預金しているだけだとお金の実質的な価値は目減りしてしまう一方です。ですのでインフレ対策に不動産投資をすることは非常に効果的です。利回りと同じく預け先の見直しを考えているのであれば不動産投資は非常に有効かと思います。

 5 特別なスキルや資格などがまったく必要ない

不動産投資には、入居者からのトラブルやクレーム対応、空室になった時のの入居者募集、滞納家賃の督促などの、大家としての業務がついてまわってきます。
ただ、あなたがマンションオーナーとしてこういった仕事をする必要は一切ありません。安定して家賃収入入る確かな物件に投資をし、信頼のできる賃貸管理会社に全てまかせておけば、あとは毎月家賃があなたの銀行口座に振り込まれます。収益をあげていくために、特別な勉強や努力は必要ないのです。将来設計を見直しする上で『簡単』や『誰にでもできる』というのは大変重要なことだと思います。これから見直しをする方には大変お勧めです。

今ならキャッシュバックキャンペーン中なので

非常にお得に見直しをする事が出来ます。

借金や借り入れがある方でも始めることは可能ですので

お気軽にお問合せ下さい。

タップでお電話できます♪

見直し,生命保険,年金,不動産投資,マンション経営

北は北海道、南は沖縄まで。多くの方の見直し相談を頂いております。将来設計の見直し、保険の見直し・不動産投資・マンション経営・住宅ローン・借金・退職金・年金・マイホームなどお金に関する全ての見直し相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安等をご相談も多く頂いておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 自衛隊に入るのであれば医療保険に加入する必要はありますか?

自衛隊に入るのであれば医療保険に加入する必要はありますか?

もし自衛隊に入隊するのであれば、
医療保険に入る必要はないのではないか?

この質問にに対して、保険会社に勤務している
FP2名に相談したところ、
次のような答えを頂くことができました。

まずは保険アドバイザーSさんの回答です。

自衛官の方々は、大体の方が
団体のグループ保険に加入しています。

何らかのケガ病気等で治療をする場合は、
自衛隊病院にて診察、治療を無料で受けることが
できます。

なので、わざわざ医療保険に加入する必要はまったくないです。

それでも不安だという方は、不足しているのではと思う部分にのみ、
検討してみては良いのではないでしょうか?

自衛官は50代での退官が一般的となりますので、
退官後の保障を必要とされる方には
終身型保険に加入することをおすすめします。

続きまして保険アドバイザーAさんの回答です。

Sさんの捕捉になりますが、
自衛官の方々には自衛官診療証が発行されますので、
自衛隊病院だけでなく、一般の医療機関でも診察
治療を受ける場合は、私達みなさんが持っている健康保険証と同様、
窓口で提示すれば3割負担で医療をうけることができます。

ちなみに、自衛官の方々の加入している共済組合は、
入隊すると同時に無条件にて加入しなければならないこととなっており、
個人が加入するとか加入しないとかという選択肢はありません。

退官した後の老後の人生に、
また、老後がとても心配だという人は、生命保険代わりになり個人年金にもなる

不動産投資(マンション経営)を始められて見てはいかがでしょうか?

今ならキャッシュバックキャンペーン中なので

お得に不動産投資(マンション経営)をスタートする事が出来ます。

借金や借り入れがある方でも始めることは可能ですので

お気軽にお問合せ下さい。

自衛官,保険,年金,不動産投資,マンション経営

北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、航空自衛隊、海上自衛隊、三自衛隊から多くのご相談を頂いております。保険の見直し・不動産投資・マンション経営・結婚・住宅ローン・借金・退職金・年金・マイホームなどお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安等をご相談も多く頂いており、新隊員向けの金銭管理教育のご依頼もいつでも承っております。お気軽にお問い合わせください。

【5社から総額400万円以上の借金】同棲中に発覚した自衛官の彼の借金

私は東京に住んでいる現在33歳の専業主婦です。これは私がまだ20代だったころに当時の自衛官の彼と同棲していた時の話です。私は病院で医療事務の仕事をしており、病院の近くのマンションで一人暮らしをしていました。

【飲み会で出会った自衛官の彼】結婚相手として最高かも

アラサーになっていたので、そろそろ結婚もしたいと思っていたときに参加した合コンで出会ったのが、自衛官をしていた2歳年下の自衛官の彼でした。

とても明るい性格で、スポーツが好きなところも趣味が合い、公務員ということで将来も安心だし・・と、結婚相手としては自衛官なので最適かと思えました。

独身の自衛官は駐屯地の中の寮で暮らす事もできるのですが、大抵の人は外でマンション等を借りて住んでいました。彼女と同棲しているという人もいるという話でしたので、私たちも一緒に住んで、節約したお金で結婚費用を貯めてといこうということになりました。

【ヒモみたいになった元自衛官の彼】自衛官を辞めてしまい、職を転々とし、

付き合ってから7,8ヶ月くらいのことでした。一緒に住む前に彼は私に色々なものをプレゼントしてくれて、それはブランドのアクセサリーや腕時計など、そこそこ高価なものでした。

けれども、若い割には自衛官のお給料(や賞与等)が良いことは把握していたので、特に不自然にも感じず、喜んで受け取っていました。

しかし一緒に住んで、何かと理由を付けては生活費を全く入れなかったり、度々来る不自然な電話に違和感を感じるようになりました。同じころじに自衛官の昇進試験に落ちた彼は、心機一転別の仕事に就く、と自衛官を退職してしまいました。

しかし、せっかく受かった会社も全然長続きせず、すぐにやめてしまい、私のお給料で食べさせているような生活になってしまいました。

【消費者金融から400万円の借金が発覚】こっちも感覚がおかしくなってくる

ある日、自宅にかかってきた電話で、某消費者金融に元自衛官の彼が借金をしていることが発覚しました。問い詰めると、合計5社に400万以上の借金をしていることが発覚しました。

私にプレゼントしてくれたものも、元自衛官の彼が身に着けていたおしゃれないい靴や服、その他、趣味でやっていたサーフィンやパソコンのほか、車やスキーやスノーボードなど、かなり凝っておりいいものばかり集めていたのですが、すべて借金で得たものでした。

すぐに元自衛官の彼と別れようとも思ったのですが、情があり何とかしてあげたいとも思ってしまい、そこからまた半年くらい経ってしまいました。催促が来る彼の借金に、お金を融通してあげているうちにお給料では全然足りなくなり、私もキャッシングで消費者金融からお金を借りて払うようになってしまいました。元自衛官の彼を見ていると、借金に対して感覚がマヒするような感じもあったのです。

【気がつけば100万円以上の借金】元自衛官の元彼は自己破産したらしい

結果、元自衛官の彼のとはケタが違いますが、全く負債のなかった私にも100万以上の借金ができてしまい、これ以上はもうダメだと諦めて、恥を忍んで親やいろんな人に相談しました。すぐに別れるように勧められて、共通の友人に間に入ってもらい話を付けました。元自衛官の彼も立ち退くことを承諾、私もマンションを出ました。

実家に帰った私ですが、職場は当時と同じ職場でした。一度元自衛官の彼の借金のことで某社から職場に電話がくることがありました。以前に、元自衛官の彼に付き添ってその会社に返済に行った際、内縁の妻という扱いで、連絡先を書いていたからでした。

もう一切関係ないことを話して納得していただき、二度と電話がかかってくることはありませんでしたが、内縁ではなく入籍してその債務も自分にもかぶることになっていたら・・と思うと大変ぞっとしました。

元自衛官の彼も他県の実家に帰り、その後自己破産したらしいと耳にしました。今現在どこでどう生きているかは全く分かりません。私自身の借金は、親が一括で立て替えてくれて、その後少しずつ返してどうにか完済しました。

別の方と出会い結婚した後も、少しずつ借金を親には返済していて、もちろんそれは夫には内緒でしたが、本当に心苦しかったです。安易に借金することの怖さを知るための高い授業料でした。

自衛官,保険,年金,不動産投資,マンション経営

北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、航空自衛隊、海上自衛隊、三自衛隊から多くのご相談を頂いております。保険の見直し・不動産投資・マンション経営・結婚・住宅ローン・借金・退職金・年金・マイホームなどお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安等をご相談も多く頂いており、新隊員向けの金銭管理教育のご依頼もいつでも承っております。お気軽にお問い合わせください。

(葬式代を残す方法) 葬式代の準備は保険or現金?

さて、保険には終身だの生命保険だの定期だの養老だの医療だのいろいろな種類がありますが、それぞれ役割があります。

その中で、終身の生命保険の役割をご存ですか?

終身の生命保険の役割とは。

それは自らの葬式代を捻出することです。

人はいつかは誰でもが亡くなります。

それが明日なのかもしれないし、もしかしたら120歳くらいかもしれない。

それは誰もが分かりません。

だからこそ終身の生命保険等で準備する必要があります。

葬式代の全国的な平均は約200万円前後。

それなら貯金や不動産等でもでもいいのではないかなと思う方も大変多いことでしょう。

確かに必ずしも保険で残す必要はありません。

貯金や不動産等で残すのも、もちろんありです。

一体なにがベストなのでしょうか?

それでは、葬式代を保険で残すパターンと、貯金で残すパターンのメリットとデメリットをそれぞれ比較していきましょう。

非常に大切なのは、誰かにこっちがいいですよと教えてもらいその通りにすることではございません。

それぞれのメリットとデメリットを知り理解した上で、自分自身で選択すること。

自分の頭の中で決めることです。

自衛官,保険,年金,不動産投資,マンション経営
私がクライアントさんとのお話の中で一番大切にしているのも、まさにここです。

一方的に私が決めて、その通りに動いていただくわけではありません。

クライアントさん自身に決定して行動していただくことを一番にしています。

私の仕事は、そのための的確な一番適した情報を分かりやすく伝え、判断できような環境を作りだすことです。

私がクライアントさんとの会話の中でよく話す言葉があります。

それぞれこういうメリットとデメリットがございますから、あとは◯◯さんがどのような優先順位をつけて選択するかです。

私は現状を分析し、情報を提供して作戦案を立てるのが役割です。

その中のどの案を採用するか。

お金を用いて、それをどのような形で運用するかを選択するのは、クライアントさんなんです。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、葬式代の用意の仕方もそんな形でご判断していただけたらと思います。

まずは明日、それぞれのメリット・デメリットをお話ししますね。

北は北海道、南は沖縄まで。陸上自衛隊、航空自衛隊、海上自衛隊、三自衛隊から多くのご相談を頂いております。保険の見直し・不動産投資・マンション経営・結婚・住宅ローン・退職金・年金・マイホームなどお金に関するご相談はもちろん、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安等をご相談も多く頂いており、新隊員向けの金銭管理教育のご依頼もいつでも承っております。お気軽にお問い合わせください。

事故の可能性があるので車に乗らないという人は存在しない。

唐突ですが、貴方は車に乗りますか?

自ら運転するにしても、タクシーやバスに乗るにしても、毎日のように車に乗ってるかと思います。

私は20歳の時に免許を取得し、ドライバー歴は早くも12年です。

免許を取得した直後は、初々しくもおどおどと運転していたものです。

初心者のうちには恐る恐るとても慎重に運転するでしょう、高速に乗ったからってもいきなりスピードを出す様なことはしないはずです・・・

大体の方は。

初心者のうちには自分が怖さを感じない程度の、安全に走れるくらいの速度で走ります。

まず事故の可能性があるので車には乗らないという方はいない事でしょう。

何の話をしているかと申しますと、

これは投資にも当然当てはまるということです。

投資が怖いという人は大きなお金を入れなくてはならないんじゃないかという先入観をお持ちではないでしょうか。

これを車に例えるならば、初心者でも180キロで走らなければいけないと言っているのと同じ事です。

積立投資信託の中の一つの利点としては、速度を自ら自由に調整できるという部分がございます。

車で言えば、その時に応じてアクセルを踏む踏まないを自分で操作できるという事です。

例を出すと、30歳の方が65歳までに3000万円の資産を作り出そうと考えたとしましょう。

その場合ですと、年5%が見込める投資信託で運用しますと、月26,000円の積立で達成できると見積もることはできます。

この月26,000円の積立てが、お子さん等の教育資金等で苦しくなってしまった場合、その時期は減らすことができます。

その時期を抜けたのであれば、その時にまた元に戻してしまえば良いのです。

これが車でいうとアクセルを調整することによって、自由に速度を変えられるということです。

しかし、貯蓄性のある保険だったり学資保険ではこうはいくことはございません。

保険は、受け取れる保険料と保険金額をあらかじめ決めますよね。

仮に学資保険だと、お子様が18歳になる時に500万円貰えるように将来設計しましょうというように。

毎月お支払いする保険料も、そこで決まるわけです。

車の例で言うと、これから20年間何があろうが80キロで走ってくれと言っているようなものです。

もし状況が変わり、保険料を支払うのが厳しくなってしまった場合、減額するのか払い済みにするのか、保険を解約するという選択肢になってしまいます。

減額や払い済みにしてしまえば目標金額を達成する事ができず、解約してしまえばば元本割れになります。

アクセルを状況に応じて操作することができない、それが非常に難しい保険による貯蓄です。

それ以外のを見直すことで継続すればいいんじゃないかという声も聞こえてきそうです。

正直な所、そんな四苦八苦して続けても結局は全然増えない場合が多いのが現実です。

私は投資信託の運用で損してしまうリスクよりも、貯蓄型保険を途中で解約して元本割れしてしまうリスクの方がとても大きいと思っています。

世の中人生も先読みができないからこそ、柔軟な対応のできる、アクセルを自由に操作する事のできる積立投資信託の方が、私にとってはリスクが低いように感じます。

事故の可能性考えて車には乗らないという方はいないと考えれば、損する可能性があるので投資はしないという事がどれだけもったいないかをイメージできるかと感じます。

初心者のうちには自分の怖くないくらいの安全な速度から始めればいいと思います。

月たったの500円から始められる投資信託だってありますので。。

多くの方が、恐る恐るでもスタートをし始めております。

あなたも、希望のある将来へ勉強をしてみませんか?

北は北海道、南は沖縄まで。海上自衛隊、陸上自衛隊、航空自衛隊、三自衛隊の皆さまから多くのご相談を頂いております。保険の見直し・貯蓄の増やし方、結婚・年金・退職金などお金に関するご相談は当然、奥様から旦那さんの仕事に関する疑問や不安を多くご相談を頂いております。

 【自衛官の皆様、団体生命保険でも戦争で亡くなってしまった場合には支払われる事はありません!】

防衛省職員団体生命保険のお話になります。

団体生命保険とは、自衛官になると最初に加入する保険です。一応任意ではありますが、大体の方が加入します。

18-19歳で自衛隊に入隊したときに加入し、そのまま見直しもしないでに加入している人も大変多いと思います。

一口100円で、2社×50口=100口が最高です。保険料は満口加入していれば、1ヶ月あたり1万円と言う事になります。

万が一の時に支払われる保険金額は次の通りです。(共に満口加入の場合)

病気で死亡の場合6000万円

不慮の事故で死亡の場合8000万円

メリットは当然あります・・・

① 保険料がとても安い

② 申し込んだその日に保障スタート

③ 保険金の支払いが迅速である

この辺が大きな点です。

その人にとっての適正である金額はまた別の機会にお話しますが、自衛官の皆さんにはぜひ一つ知っておいて欲しいことがございます。

それは、団体生命保険でも戦争で亡くなられた場合は基本的に支払われないという事です。

パンフレットにはこう記載されてます。

(給付金、保険金がお支払いできない場合)
・戦争やその他の変乱による時(ただし、その程度により全額または削減してお支払いすることもございます。)

これはどういうことかと申しますと、防衛出動等で多くの戦死者が出てしまった場合は支払いません。ただし、戦死者が少ない場合に関しては全額、もしくは減額して支払います、ということです。

これはあまりに支払いが増えると皆さんから集めた保険料では足りなくなり、団体保険制度が破綻するからです。

もっともこれは、民間の生命保険に関しても同じ事ですが、防衛省の団体保険だからと言っても、そう言った特例があるわけではないということです。

逆に言ってしまうと、PKOや海上警備行動、災害派遣などの一度に多くの人間が亡くなることのない任務であれば、保険はきちんと支払われるものだと思われます。

こういった事例は前例がございまして、東日本大震災でも多くの建物が一挙に被災してしまったために、地震保険の財源が非常に足りなくなりかけました。

だから、地震保険料が値上げされる流れになったのです。

団体生命保険は自衛官にとって、非常に大切な保険です。

だからこそ、どういった場合に支払われ、どういった場合には支払われないのか等の特徴を熟知した上で、自分に適正な金額の保険に加入することが非常に大切になってきます。

目的が曖昧なままなんとなく入っている保険は、いざという時の備えには全くなりません。

命を懸けいている自衛官という仕事だからこそ、将来設計をしっかりとしておいて欲しいと思うのです。

それは誰のためか。家族の方のためです。

あなたを支えてくれている家族の方のためにも、どんな保険に入っているのかを家族間で情報共有して、いざと言う時に絶対に困らないようにしておきましょう!

国民の前に、まず一番大切な家族を守る。これが何よりも一番大切なことだと思います。

団体生命保険が支払われない代わりに、国からこれが支給されるかもしれません。あくまでもかもです。

陸上自衛隊・海上自衛隊・連隊・大隊・中隊等の機会教育・航空自衛隊・新隊員教育隊・地方協力本部・業務管理教育家族支援施策・貯金、保険、教育費、マイホーム、老後、年金など、自衛官の特性にあったライフプランニングです。